2013年05月08日

5月の蒜山

GWも終わり、激しい混雑はなくなりましたが、蒜山は平日も人気あるスポットです。

このところいいお天気に恵まれて本当に清々しい風景です。

1.jpg

この青空。紫外線は大変強いですが、でもやっぱり高原は気持ちいいですね。

鳥のさえずり、このときはヒバリがにぎやかにさえずっていました。まさに、美空ひばり・・・

ただ日が陰ると、とたんに寒くなります。

大山からの風は冷たくてまだまだ油断大敵です。

桜は例年今もきれいに咲いているところですが、さすがに散り終わり気味。

八重桜ははなやかに咲いていました。

山桜のはかない花が名残の美しい姿を見せてくれていました。

2.jpg
posted by SAKKAO at 19:07| Comment(0) | 蒜山

2013年05月06日

ゴールデンウイーク最終日

今日は松江の一畑百貨店に行ってまいりました。

良いお天気でしたが、高速道路は2,3カ所で車の事故を見かけました。

気をつけないといけないな、と改めて思い、普段よりもハンドルを握る手に力が入りました。

今回の展示会のためにそれぞれの作家が力をいれて頑張りました。

その思いのこもった素晴らしい作品を初めて松江でご紹介する意気込みをなんとかデパート側に伝えられたかなあと思います。

まだ時間はありますので、できる限りPRに努めたいです。

出雲大社の遷宮もあり、松江、出雲の魅力もいろいろ伝えられれば、と思っています。
posted by SAKKAO at 21:58| Comment(0) | 日記

2013年05月04日

末廣さんの種壺

本日は種壺のご紹介です。

種壺は文字通り、昔は種の保存に使われていたもので両方の耳にひもを通して天井からぶら下げていたそうです。

それがお茶の世界に水差しの見立てとして作られるようになりました。

備前は水がめとして多く生産されていた焼きものなので、水差しに使うのは理に適っているというわけです。

種壺として現在使うことはあまりないと思いますが、いろいろな使い方ができるのではないかとも思います。

3点の作品の画像です。

7種壺.jpg

8種壺.jpg

10種壺.jpg
posted by SAKKAO at 20:47| Comment(0) | 末廣 学

2013年05月03日

末廣さんの茶碗

昨日に引き続き、末廣作品のご紹介です。

今日は茶碗を3点。

1.jpg

黒茶碗ですが、これは2回に分けて焼いています。通常の焼き方をしたあと、

小ぶりの窯のなかに灰を充満させ、さらに焼くことで黒い色を定着させています。

4.jpg

渋い色ながら、ユーモラスな形の茶碗。

3.jpg

そして、森陶岳さんの大窯(全長53m)で焼かれた茶碗。

土もそうですが、窯の要素も備前焼にとっては何より重要な要素です。

1.jpg

半端な大きさの窯ではありません。この窯から出てきたもうひとつの作品が下の李朝型の壺。

2.jpg

胡麻流れの美しい作品です。大窯ならでは、の風格も感じます。

ちなみに現在、陶岳さんは全長85mの大窯を個人で作られています。

2.jpg

さすがに写真1枚では収めきれません。

末廣さんは、ずっとこの大窯プロジェクトに一門の弟子として参加されており、重要な一員です。

古備前の世界を追及する険しい道のりを陶岳さんとともに歩まれています。

posted by SAKKAO at 22:23| Comment(0) | 末廣 学

2013年05月02日

末廣さんの壺

明日からゴールデンウィーク後半でお天気もいいようです。

外出のご予定がある方も大勢いらっしゃると思います。

または、おうちでのんびりされる方も案外多いのでは・・・

さて、松江展示会での末廣作品をいくつかご紹介してみようと思います。

末廣さんの大壺二点です。

5.jpg

弥生の風情でいい形をしているなあと見とれていました。

そして、もう一点。

ヒダスキが加わるとこんなに雰囲気が変わるのか、と面白く感じた壺。

6.jpg

どちらがお好みでしょうか。
posted by SAKKAO at 21:26| Comment(0) | 末廣 学

2013年05月01日

花の季節になりました

最近、ブログの話題がずっと松江での展示会でしたので、少し気分転換です。

寒暖の差がありますが、それでもいろいろ花が咲いています。

つつじが今、満開です。

1.jpg

昔はあまり好きではありませんでしたが、山つつじの咲いている風景を見たり、

ヨーロッパでは鉢植えにしてお洒落にディスプレイにしているのを見たりすると

改めて見方が変わってきて、椿もそうですが、和花もいいものだなあと思います。

先日、岡山の後楽園で栄西茶会があり行ってきましたが、青空につつじの花の色が鮮やかでした。

そして、これからはなんといっても薔薇ですね。写真はグレイ・パール(HT)です。

1.jpg

大きなつぼみがなかなか開かずにいましたが、やっと開花です。

庭仕事も忙しくなってきますが、くれぐれも紫外線に気をつけて緑や花との癒しの時間を持ちたいです。

posted by SAKKAO at 11:07| Comment(0) |

2013年04月29日

アフリカンオブジェno.3

3.jpg

今井さんのオブジェ作品その3、剣のようなデザインです。

これは空気穴が底面近くに一つ開いていますが、完全なるオブジェ。

非常にインパクトがあります。

なんとなく出雲の神話にでもでてきそうな剣に見えてきます。

もとはアフリカの通貨のデザインなんですが・・・

偶然とはいえ、なにかお導きかもしれません。

3点はどれもシンプルな形がゆえに形を作るのも焼くのも大変だったようで、

失敗したものも多くて完品として窯から出てきたのは3点のみだったそうです。

窯出しで無残な形ででてきたのが下の写真です。

4.jpg

割れたものがほかのものを巻き込み・・・といったことが窯の中で起こり、最後まで気が抜けなかったそうです。

無茶なお願いをきいてくだり、ありがたく思っています。

3点ともじっと眺めているとパワーがみなぎってくる、そんな作品です。

星さんとは対照的でおもしろいコラボレーションになりそうです。

是非、実物を見て、そのパワーを感じていただきたいと思っています。

posted by SAKKAO at 22:03| Comment(0) | 今井 清秀

DM完成しました。

本日、待ちに待ったDMが届きました。

大判ハガキ両面カラー、渾身のDMです。(かなり頑張りました)

下記PDFファイルからご覧になれます。

松江一畑DM.pdf

DMをご希望の方がいらっしゃいましたら、こうげいSAKKAOホームページのお問合せフォームより、ご住所をお知らせください。

「5つの壺と、オブジェ展」
会期:2013年6月6日(木)〜6月11日(火)10:00〜19:00 ※最終日は17時閉場
会場:一畑百貨店松江店 5階工芸サロン 直通電話0852-55-2523
〒690-8555 島根県松江市朝日町661
posted by SAKKAO at 11:13| Comment(0) | イベント

2013年04月28日

アフリカンオブジェno.2

2.jpg

昨日に引き続き、今井さんのオブジェ作品その2です。

やはり80cmほどの高さがあります。

中は空洞なので、花を挿すことが可能です。

かなりダイナミックな作品ですが、ユーモラスな趣もあります。

出来上がってみるとシンプルな形だけに、窯変が面白い作品です。

ちなみに、窯詰めしたときの様子はこんな感じです。

窯の中.JPG

棚の上段に巨大な物体が見えると思います。これがオブジェたち。

なんとなく大きさのイメージが分かるでしょうか。

明日は3番目の作品をご紹介しようと思います。
posted by SAKKAO at 21:30| Comment(0) | 今井 清秀

すごい!オブジェ

1.jpg

やっと窯出しされた今井さんのオブジェ作品です。

3点あるうちの1点です。

先日のブログでもご紹介しました坂田さんの著書「ひとりよがりのものさし」の中で

紹介されているアフリカの鉄製通貨の備前バージョンです。

奇想天外ともいえるこちらの申し出に今井さんが承諾して作ってくださいました。

高さ約80cmのかなり大きい作品です。

シンプルな形ですが、なにせもともと鉄製のものを土でつくり、なおかつ焼き締めるとなると、

思った以上に難しい作業になったそうです。

筒の部分は空洞になっているので、花を挿すことも可能です。

が。この形、インパクト大です。

ほかの2点も相当すごい。

続きは、また後日ということで・・・

posted by SAKKAO at 00:05| Comment(0) | 今井 清秀