2013年05月26日

山野草などいろいろ

ここ最近は初夏のような暑さが続いています。

本格的な夏の前に梅雨が待っていますね。

6月の展示会は梅雨の最中かもしれません。

さて、今日はお花をいただきました。

芍薬や夏蠟梅(ナツロウバイ)、そしてカラー。

芍薬の香りはかなり強いですが、高貴な香りです。素晴らしい香り・・・

6月の展示会では茶花、山野草を備前のうつわに活ける予定です。

備前と花はベストパートナー。お互いを引き立ててくれます。

お楽しみに・・・

1.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「5つの壺と、オブジェ展」
会期:2013年6月6日(木)〜6月11日(火)10:00〜19:00
   ※最終日は17時閉場
会場:一畑百貨店松江店 5階工芸サロン 直通電話0852-55-2523
   〒690-8555 島根県松江市朝日町661
posted by SAKKAO at 22:57| Comment(0) |

2013年05月09日

バラの季節です

1.jpg

この前、桜の話題で盛り上がったかと思いきや、今や桜の木はかなりうっそうとしてきています。

緑が目にまぶしい、まさに薫風の季節です。

庭の鉢植えのバラはあっという間に花をつけ、水やりに追われる季節になりました。

鉢の数は20ほどあるでしょうか。これでもずいぶん減りました。

冬の間は枝だけになるのでそれほど場所をとりませんが、葉が茂ってくると風通しが悪くなります。

配置を毎日のように変えて様子を見ています。

そんな時間がわりと気分転換になって、案外楽しいものです。

posted by SAKKAO at 22:03| Comment(0) |

2013年05月01日

花の季節になりました

最近、ブログの話題がずっと松江での展示会でしたので、少し気分転換です。

寒暖の差がありますが、それでもいろいろ花が咲いています。

つつじが今、満開です。

1.jpg

昔はあまり好きではありませんでしたが、山つつじの咲いている風景を見たり、

ヨーロッパでは鉢植えにしてお洒落にディスプレイにしているのを見たりすると

改めて見方が変わってきて、椿もそうですが、和花もいいものだなあと思います。

先日、岡山の後楽園で栄西茶会があり行ってきましたが、青空につつじの花の色が鮮やかでした。

そして、これからはなんといっても薔薇ですね。写真はグレイ・パール(HT)です。

1.jpg

大きなつぼみがなかなか開かずにいましたが、やっと開花です。

庭仕事も忙しくなってきますが、くれぐれも紫外線に気をつけて緑や花との癒しの時間を持ちたいです。

posted by SAKKAO at 11:07| Comment(0) |

2011年02月25日

スイートピー

261.JPG

すっかりご無沙汰していました。

先日、フリーレースの大河先生の展示会を訪れ、

その際に会場に飾られていた倉敷 船穂町のスイートピーをいただきました。

まだ冬と思っていましたが、春の兆しを感じ、嬉しくなりました。

梅もほころび、あと一ヶ月もすれば桜も花開くのでしょうね。

こうげいSAKKAOの活動も春の到来とともに始動です。

フリーレースのストール、郷原漆器のカフェオレボウルなどライトな感覚のものを

提案していきたいと思っています。楽しみになさってください。
posted by SAKKAO at 22:53| Comment(0) |

2010年10月06日

秋の草花

すっかりご無沙汰してました。

秋になりましたね。朝晩の冷え込みで風邪を引いた方も多いようです。

夏の間は草花どころではなかったですが、ようやく周りの風景を見る余裕が出てきました。

まずは、バラですが、グレイ・パール。なんともシックな色合いです。秋のバラは春とは違って、儚げ・・・

239.JPG

そして、ツユクサ。今になってやっと涼しげなブルーでいたるところに咲いています。

240.JPG

夏の花のタイワンフヨウ。とても強くて、水遣りなしでも生きてました。すごい生命力。

241.JPG

秋といえば、萩。

いろいろ種類がありますが、これは房咲きになるもの。

242.JPG

白花もすっきりとしています。

244.JPG

赤の水引は、涼しくなったおかげで、冴えた色になりました。

243.JPG

そして、紫式部。

245.JPG

つれづれに、今咲いている花をご紹介していると、ちょっと秋の行楽に・・・という気分になってきました。

身近な草花を少しいただいて、部屋の中にいけるのも楽しい季節です。

爽やかな季節、紅葉までの間、近場を散策してみるといいかもしれませんね。
posted by SAKKAO at 11:26| Comment(0) |

2010年05月11日

白い野バラ

暑い日が続くと思えば、雨が降って肌寒い。着るものに困りますね。

先日、お天気のいい日に近所を散歩していたら、自生している野バラが満開でした。

車で通り過ぎていると全く気がつかないのですが、歩くと見えてくるものって多いですね。

220.JPG

なんとも素朴で可愛らしい花をつけます。

221.JPG

野趣あふれる野バラは自生するだけあって、実生でも育てやすいので、実は我が家にも小さな鉢植えにしてあります。


222.JPG

これからはバラのシーズンです。このブログでもバラの話題が増えるかも?しれません。
posted by SAKKAO at 11:30| Comment(0) |

2010年02月11日

ぐずついていますが

今日はしとしとと雨が降る一日でした。

まだ2月。寒い日は続きます。

そんな時期に咲いてくれるのがクリスマスローズ。

自宅の庭に地植えしているものがちょっと前に咲きました。

191.JPG

園芸店に行くといろんな種類があります。豪華な八重咲きのものもあって迷ってしまいます。

お茶花にも使えるそうで、備前の花器にもよく合います。

そして、春らしい花をいただきました。

192.JPG

船穂町のスイートピーです。花言葉は「門出」だそう。

とってもいい香りがして、丈が長くてしっかりした花をつけるのが船穂町のスイートピー。

今日のような天気の日にはこの花の周りだけがパッと春!といった感じでした。

下さったのは、フリーレース作家の大河先生。

現在、山陽新聞社さん太ギャラリーで作品展を14日(日)まで開催しています。

このスイートピーがギャラリー入り口の階段でお出迎えしてくれます。

小物から着物のコート、ドレスといった大作までが展示してありますので、是非お出かけ下さい。

体験コーナーではシュシュやポケットチーフも作ることが出来ますよ。
posted by SAKKAO at 20:40| Comment(0) |

2009年06月15日

バラをいろいろ

先週でしたが、また熊山英国庭園に行ってきました。

そのときのバラの様子です。

ガゼボのバラはドロシー パーキンスなのかな?

ちょっと分かりませんが、とても綺麗に咲いていました。

CIMG2454.JPG

優しげに枝垂れて咲く様子が魅力的です。

熊山.JPG

この日も陽射しは強く、暑かったですが、ガゼボの中は風が通り抜けて

日陰にもなるので、気持ちよかったです。

ただ、他のツルバラたちはもうピークを過ぎた感じで残念。

熊山2.JPG

窓からこんな風景が見えると夢のようです。

そんな夢のようなガゼボの後でなんですが、自宅の鉢植えバラを
いくつか紹介します。

時間つぶしにでもどうぞ。

CIMG2072.JPG

黒っぽい赤バラはチャイナ系のルイ14世。花付はいいです。

CIMG2119.JPG

中央の小さな白い花がバラですが、分かりますか?

これは、自宅付近で自生しているノバラです。挿し木で増やしました。

自生しているだけあって、とても強いバラです。

地植えにすると大変なことになるので、鉢植えにしています。

花後の実が秋には赤く色づいてなかなか綺麗です。

CIMG2360.JPG

これも原種系ですが名前は不明。四季咲きです。

山野草のお店(細堀園)で購入しました。だんだんワイルドになってくれて嬉しいです。

エトワールローズとウィリアム ロブ.JPG

ベル型の花はテキセンシス系クレマチスのエトワールローズ。

クレマチスは地植えにすると勢いづきます。ツルがどんどん伸びて収拾がつきません。

でも、愛らしい形です・・・

一緒に写っているバラはモス系ローズのウィリアム ロブですが、

残念ながら花が終わってます。

バラというにはどうも地味で申し訳ないのですが、まだ続きます。

ヒアワサ.JPG

これはランブラー系 ヒアワサ。一季咲きです。6mくらい伸びるらしい。

家に来てまだ1年目なのでまだ小さいです。

ビビッドな色ですが、少し日陰に置くとその色がちょっとアクセントにもなり、浮いた感じには見えません。

マルタ ゴンザレス.JPG

赤い小ぶりの花がぽんぽんと咲くチャイナ系のマルタ ゴンザレス。

名前はごついですが、見ての通り、細いしなやかな枝の持ち主です。

後の白い花はジャスミン。満開のときの匂いはちょっとむせるようです。

ミス キャロライン.JPG

これは、今のお気に入りのひとつ、ティー系のミス キャロライン。

今の時期は二番花で小ぶりに咲いています。

この春の一番花はどれも虫の被害や病気に悩まされ、散々でした。

ローラ アシュレイ.JPG

このローラ アシュレイもなかなか花を見れなかったバラのひとつです。

枝垂れるようにしっかりした枝が伸びて、花はとても小さい。

置き場所を考えないと、あまり魅力を発揮できないような感じ。

かなり手こずっています。

ロサモエシーゼラニウム.JPG

これもやっと数輪だけ花を見た原種系のロサ モエシー ゼラニウムです。

葉っぱが特徴的で、かなり渋いバラです。

昨日お伺いしたお友達のマンションのベランダガーデンはシックな花色のバラの庭でした。

香りもよく、落ち着いた素敵な空間になっていました。

バラは品種が多くて、花だけでなく、葉っぱやヒップ(実)、冬の枝だけの樹形、と見どころいっぱい。

一度はまると抜け出せないディープな世界です。
posted by SAKKAO at 11:44| Comment(0) |