2013年04月29日

アフリカンオブジェno.3

3.jpg

今井さんのオブジェ作品その3、剣のようなデザインです。

これは空気穴が底面近くに一つ開いていますが、完全なるオブジェ。

非常にインパクトがあります。

なんとなく出雲の神話にでもでてきそうな剣に見えてきます。

もとはアフリカの通貨のデザインなんですが・・・

偶然とはいえ、なにかお導きかもしれません。

3点はどれもシンプルな形がゆえに形を作るのも焼くのも大変だったようで、

失敗したものも多くて完品として窯から出てきたのは3点のみだったそうです。

窯出しで無残な形ででてきたのが下の写真です。

4.jpg

割れたものがほかのものを巻き込み・・・といったことが窯の中で起こり、最後まで気が抜けなかったそうです。

無茶なお願いをきいてくだり、ありがたく思っています。

3点ともじっと眺めているとパワーがみなぎってくる、そんな作品です。

星さんとは対照的でおもしろいコラボレーションになりそうです。

是非、実物を見て、そのパワーを感じていただきたいと思っています。

posted by SAKKAO at 22:03| Comment(0) | 今井 清秀

2013年04月28日

アフリカンオブジェno.2

2.jpg

昨日に引き続き、今井さんのオブジェ作品その2です。

やはり80cmほどの高さがあります。

中は空洞なので、花を挿すことが可能です。

かなりダイナミックな作品ですが、ユーモラスな趣もあります。

出来上がってみるとシンプルな形だけに、窯変が面白い作品です。

ちなみに、窯詰めしたときの様子はこんな感じです。

窯の中.JPG

棚の上段に巨大な物体が見えると思います。これがオブジェたち。

なんとなく大きさのイメージが分かるでしょうか。

明日は3番目の作品をご紹介しようと思います。
posted by SAKKAO at 21:30| Comment(0) | 今井 清秀

すごい!オブジェ

1.jpg

やっと窯出しされた今井さんのオブジェ作品です。

3点あるうちの1点です。

先日のブログでもご紹介しました坂田さんの著書「ひとりよがりのものさし」の中で

紹介されているアフリカの鉄製通貨の備前バージョンです。

奇想天外ともいえるこちらの申し出に今井さんが承諾して作ってくださいました。

高さ約80cmのかなり大きい作品です。

シンプルな形ですが、なにせもともと鉄製のものを土でつくり、なおかつ焼き締めるとなると、

思った以上に難しい作業になったそうです。

筒の部分は空洞になっているので、花を挿すことも可能です。

が。この形、インパクト大です。

ほかの2点も相当すごい。

続きは、また後日ということで・・・

posted by SAKKAO at 00:05| Comment(0) | 今井 清秀

2011年08月07日

MY備前

2011natu 063.JPG

先日ご紹介しました、私の飯椀。
ちょうど、両手ですっぽりと持てるくらいの大きさです。

内側にも、艶が出ています。

洗うときは、しっかりゴシゴシ洗います。
posted by SAKKAO at 17:00| Comment(0) | 今井 清秀

2010年01月28日

またもアップしています

先ほど、ネットショップに今井さんの作品を追加いたしました。

今回は透かし葡萄酒杯、徳利、醤油差し、三つ足角皿、ジャグ型花入れです。

作品一覧から探って見てくださいね。

写真がどうも白っぽく写ってしまい、申し訳ありません。

今井さんの作品はクセがないのか、使いやすくいものが多いです。

今度、今井さんの作品たちでテーブルセッティングしてみたいなあと思っています。

ごく普通の料理も変身して見えるんじゃないかな・・・

今朝の料理番組に美容家の佐伯チズさんが出ていらして、「美しくなるためにはまず食事から!」と言われていました。

牛スジ肉の煮込み料理を紹介されてました。アレンジの効く料理で、しかもゼラチン質に富んでいるのでお肌にはもってこい。

それから、料理を盛り付ける器にも気をかけることが大事だとも。

忙しい生活の中で、なかなか心のゆとりも時間もない場合が多いですが、やはり食事はすべての基本。

ただ食べるだけではなくて「五感で」(佐伯チズさん)食物をいただくことができれば、きっとHAPPYですね。
posted by SAKKAO at 21:46| Comment(0) | 今井 清秀

2010年01月25日

たっぷりと・・・

すでにネットショップにアップしましたネコ足カップ。

華奢なティーカップでは物足りないという方にはうってつけです。

189.JPG

かなり渋い感じの組み合わせとなってしまいましたが(ケーキの色まで)、

がぶがぶとミルクティーをいただきました。

190.JPG

これだけたっぷりとお茶が飲めると、なぜか安心感があります。

普段、家ではマグカップ派の私はこのくらいの容量のカップがいいなあ。

もちろんビールも良し。

中がゴールドのようにキラキラと輝いて見えるんですよ。(写真がないんですが)

存在感もあってユーモラスで妙に人なつっこい感じのカップです。

ネットショップの作品一覧http://www.sakkao.com/tableware.htmからご覧下さい。
posted by SAKKAO at 22:48| Comment(0) | 今井 清秀

2010年01月21日

作品アップしました。

久々の作品アップをいたしました!

今井清秀さんのコーヒーカップ&ソーサーとティーポットです。

是非、SAKKAOのネットショップをご覧下さい。

188.JPG

ティーポットは本当に使いやすいので、我が家でも重宝しています。

ただ、香りの強い茶葉やコーヒーなどはどうしてもしばらく匂いが残ってしまいます。

コーヒーカップもゴールドが効いていてなかなか素敵です。

受け皿が小皿としても使えますので、ちょっとコーヒーブレイクの時にはお菓子も添えてみては・・・

一見、渋い感じですが案外テーブルがシックに落ち着くので、お奨めです。
posted by SAKKAO at 22:38| Comment(0) | 今井 清秀

2009年10月27日

今井さんのネコ足カップ

ここのところ冷え込んできてますね。

昨日、この週末に岡山ロッツにオープンしたユニクロにちょっと立ち寄ってみたら、

オープン&「ヒートテックが週末限定価格」だったのもあったのか「戦いの後・・・」のような様相が見てとれました。

きっとすごい人だったんでしょう。

ところで、今週30日(金)から始まる三宅商店での展示会。

今回は今井清秀さんの作品をメインにご紹介する予定です。

今井さんの定番となっているのは、このネコ足カップ。

144.JPG

「可愛い」とはほとんど無縁のSAKKAOの商品の中で、

これはお客様から「可愛い!」と言ってもらえます。

ユニークなこの足。

145.JPG

確かになんともユーモラスです。

これであったかいカフェオレ、もちろんビール、そして焼酎・・・と一日中使えるカップになりそうです。

価格は4,725円(税込み)です。

写真を撮っていたらなんだかカフェオレが飲みたくなってきました。

ちょっとお茶を、という時に、すこーしだけ甘いものが欲しい。

なんと嬉しいことに、家にすこーしだけ「スーリィ・ラ・セーヌ」のお菓子があるんです。

146.JPG

マカロンとヌガー。今、秋のスタンプラリーというのを開催していて(今からでは参加するのが遅いんですが・・・)いろんなお菓子に挑戦することが出来ます。

マカロン(ちなみにキャフェとフランボワーズ)を味見してみたら、とても美味しい!

今回初めてマカロンを食べたのかどうか自分でも記憶がないのですが、もうリピート決定です。

ヌガーは確か一個が350円ほどしたために大事にとっていてまだ食してません。

この季節、こんな小さなスイーツをお供に今井さんのカップで熱いお茶を頂くのは最高の「ほっと一息」な時間です。

実は、今井さんもこの「スーリィ・ラ・セーヌ」がお好きなそうです。

そして、極めつけは秋のバラ。

147.JPG

赤いのはプリンセス・ドゥ・サガン。

148.JPG

そして、今朝咲いたのはスヴェニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(マルメゾン宮の思い出)。

庭のバラ、ぽつぽつとしか咲いてはいませんが、癒されます。

ところが、最近スズメバチが二匹ほど飛び回っていて危険地帯と化しています。

実のところ、一息つける状態ではない我が家の状況です。
posted by SAKKAO at 12:46| Comment(0) | 今井 清秀

2009年10月09日

倉敷 秋の展示会

ホームページ上でお知らせしました倉敷での秋の展示会。

今井清秀さんの作品を中心に木村素静さん、星 正幸さんの作品も
展示します。

今井さんの窯出しは今年は9月中旬でした。

さっそく初日に伺いました。そのときの窯周辺の様子です。写真右手が登り窯。

138.JPG

今井清秀さんの作品でとっても使いやすいのがティーポット。

我が家では朝食がパンなので、いつも紅茶をこのポットで用意します。

139.JPG

紅茶なら二人分+αくらいの容量です。

これは右利きでも左利きでも対応という優れもの。

しかも握力のない方でもいいように取っ手が工夫されてます。

140.JPG

尚且つ、使い終わって洗った後も伏せて置くことができます。

141.JPG

なかなか冷めないというのもこれからの季節には重宝します。

シンプルなデザインなのによくできているなあと感動しました。

ちなみに価格は15,750円です。

posted by SAKKAO at 10:51| Comment(2) | 今井 清秀

2009年02月19日

早春の備前

先日、備前の今井さんをお訪ねしました。

目の前には薪がいっぱいに積み上げられていました。

38.JPG

今回の窯出しは少し遅くなりそう、とのお話でした。

お忙しい中、ちょっと見せていただいたのは

まだ焼く前のお香立てです。

40.JPG

蓋を被せると、模様の穴から煙が出てきます。

最近、アロマオイルが人気ありますが、お香の煙を見つめるのも心落ち着きますね。

どんな焼き上がりになるのか楽しみです。

外の蝋梅は満開。

39.JPG

やがて春が来て、窯の煙突から煙がもくもくとあがることでしょう。




posted by SAKKAO at 10:30| Comment(0) | 今井 清秀