2009年09月18日

阿修羅展

皆さん、もう阿修羅展は見に行かれましたか?

9月27日(日)まで九州国立博物館にいらっしゃいます。

私が行ったのは7月下旬でした。

134.JPG

展示物がいろいろあって全部を見ると疲れるので、阿修羅に集中。

ガラスケースなしに360℃、お姿を拝むことが出来ます!

何回ぐるぐると回ったことか・・・・

後斜め45℃で是非、見ていただきたいものです。しかもスポットライトを浴びています。

涙を流す人もいました。私もちょっと涙ぐみましたが・・・

興福寺では味もそっけもない展示ですが、展示方法でここまで変わるか!と感動しました。

四天王の部屋はロックの響きが聴こえてきそうで、これもお勧めです。

136.JPG

こんな友の会のパンフレットなども置いてあり、さりげなく営業もされていました。

ちなみに、今回の阿修羅展にあわせてファンクラブもできていますよ。http://www.ashura-fanclub.jp/

もちろん、私、入会済みです。

会員の証はこれ、阿修羅バッジ!でもまだつけてません・・・

133.JPG

九州への旅は新幹線。そして西日本パスがお勧め!

なぜか9月から料金が高くなっていますが、グリーン車利用で2日間で20,000円!

一泊してゆっくり九州巡りをするも良し、日帰りして翌日は神戸、大阪方面に行くも良し。

135.JPG

JRの宣伝になってしまいましたが、グリーン車はやっぱり落ち着きます。

癖になりそうで、まんまとJRの思うつぼかもしれません。
posted by SAKKAO at 11:54| Comment(0) | 日記

2009年09月08日

ターシャ・テューダー

120.JPG

まさか岡山でされるとは思っていなかったターシャ・テューダーの展覧会。

先日、行ってきましたが、大盛況でした。とはいえ、95パーセントくらいは女性。

男性で彼女の存在を知っている人はまだまだ少ないのでしょうね。

ターシャ・テューダーの暮らしは現代では夢のまた夢、という感じですが、

きっと誰もが抱いていた少女の頃の夢を田舎とはいえアメリカで現実のものにしていた驚きは今も変わりません。

絵本の世界と現実の世界がここまで交錯している様子は少し自閉症気味のようにも思えますが、

そうだとしてもこのパワーには本当に勇気づけられます。

NHKで何度もターシャ・テューダーの番組は放送されましたが、

美しいバーモント州の四季の移ろいとそこでの生活、そしてなんといっても

ガーデンの色彩の映像美にはただひたすら「ほおー」と感嘆の声。

ヘビも出るらしいのに、素足で庭を歩くなんてすごいなあと感心しました。

ところで、日本にもなかなか素敵な女性がいらっしゃいました。

同じくNHKで放映された「秩父山中 花のあとさき」の小林ムツさん。

過疎化してだんだん耕せられなくなった畑に少しずつモミジや花桃、あじさいなどの苗を

植えて育てる暮らしぶりは一見なんの変哲もないようですが、

小さな神様を見ているような気持ちにさせられました。

性格はターシャ・テューダーとは対照的かもしれません。

お二人とももうこの世にはいませんが、一日一日生きていくことの地味な積み重ねと

その集大成を年老いてどう形にして死んでいくか考えさせてくれる素晴らしい女性だったなあと感じます。
posted by SAKKAO at 12:11| Comment(0) | 日記

2009年09月01日

琵琶湖の旅

今日から9月。陽射しはきついですが、秋の光ですね。

ときおり冷たい風が吹いてきます。

新型インフルエンザが気になりますが、旅に出るにはこれからがいい季節です。

先日、一足早く、琵琶湖に浮かぶ竹生島に行ってきました。

琵琶湖の東、長浜からフェリーに乗って出発です。

長浜城から見た琵琶湖方面の風景です。

109.JPG

右端から二番目の微かに隆起して見えるのが竹生島。

反対方向には伊吹山が見えましたが、やはり雲がかかっていてはっきりとは見えませんでした。

長浜城から少し歩いてフェリー乗り場へ。

約30分の船旅です。

110.JPG

竹生島の港が見えてきました。周囲約2kmという可愛らしい島です。

111.JPG

西国三十三所の一つである宝厳寺、都久夫須磨神社があり、古くから厚い信仰を集めているそうです。

基本的には無人島ですが、火の管理で何人か常駐しているそうです。

こんな小さな島によくこれだけの立派な建築をしたなあとちょっと感動します。

現代では無理でしょうね。

112.JPG

ちょうど、百日紅が満開でした。

113.JPG

湖というイメージには程遠く、瀬戸内海にも似た穏やかな眺めです。

霞がかかってどこまでが湖かも分かりません。

114.JPG

国宝に指定されている宝厳寺の唐門の屋根にはコケがびっしりと。

小さな島にはアンバランスなほど、しっかりとした造りの門が建てられています。

115.JPG

港の近くにはおみやげ物屋さんがあり、休憩して食事を摂る事もできます。

琵琶湖もしじみが採れるそうで、山椒煮にしたしじみをご飯にのせた定食があります。

お店の人たちは自前の船で毎日出勤するそうで、楽しそうだけど大変です。

今度は竹生島から琵琶湖の西側、今津港へ。

116.JPG

遠くなっていく竹生島。なんとも可愛らしい姿でした。

湖に島が浮いているのは世界的にも珍しいそうです。

この後、今津から湖西線に乗って京都へ出ました。途中、琵琶湖で湖水浴(!)した若い人たちが電車に乗ってきました。

秋の一日、のんびりと琵琶湖クルーズするのもいいと思います。

いろいろコースもあるようですので、調べてみてくださいね。
posted by SAKKAO at 11:13| Comment(0) | 日記

2009年08月24日

ルース スレンチェンスカさんのピアノ

そろそろ夏休みも終わりに近づき、

夜になると虫の声が聞こえてきて秋の気配を感じます。

涼しくなってくると、やがて芸術の秋。

野外フェスで夏を満喫した人も、これからの季節は

じっくりとクラッシック音楽に耳を傾けるのもいいですね。

どうせ聴くなら、とびきりいい音楽を聴きたいものです。

岡山のクラッシック音楽通にはもう知れ渡っている

Ruth Slenczynska(ルース スレンチェンスカ)さんは現在84歳。

すでにラストコンサートも終わり、公式のコンサートはありませんが、

CDでショパンやブラームスなど、その貴重な音楽を耳にすることができます。

107.JPG

米カリフォルニアで生まれ、3歳からポーランド出身の父親にピアノを習い、

4歳でリサイタルを開き、9歳の時、急病のラフマニノフの代役を務めました。

長い人生の中で多くの紆余曲折を経験し、かなり端折ってしまいますが、

2003年78歳で初来日!

これにはSAKKAO宅のお隣さん、歯科医であり、チェリストであり、

なんといっても天才(!)音楽プロデューサー 三船さんが大きく関わられています。

ラストコンサートは岡山でした。

全国から多くのファンが集い、その聴衆の「気」がひとつになって涙を堪えきれない

コンサートとなりました。

現在は公開演奏を中止していますが、練習はやめることなく続いています。

もっといろいろご紹介したいエピソードがありますが、

今日はルースさんのCD(Vol.1からVol.5)をご紹介したいと思います。

http://liu-mifune-art.jp/index.htm

これらはルース スレンチェンスカの「音」を記録するために生まれた

Liu Mifune Art Ensemble Records(三船さんが作ったプライベートレーベル)から

出ています。

解説はもちろん三船さん自らが執筆。音楽とともに是非、読んでいただきたいです。

108.JPG

CDショップでの販売は岡山の新星堂(シンフォニービル内)くらいなので、

前述のURLからメールフォームをクリックすると、注文できるようになっています。

ルースさんの力もさることながら、三船さんのパワーにも圧倒されます。

是非、まだCDをお持ちで無い方は、これを機会にどうぞ。
posted by SAKKAO at 23:25| Comment(0) | 日記

2009年08月09日

暑中お見舞い申し上げます

CIMG2735.JPG

長かった梅雨が明けたかと思うと、今日は昨夜からの雨。

昨日までは随分と蒸し暑くて息も絶え絶えでした・・・

皆様はいかがお過ごしですか?

7月は局地的な豪雨、竜巻などで多くの犠牲者、被害が出て驚きました。

被害に合われた方には心よりお悔やみ申し上げます。

実は山口県の豪雨が始まった日にたまたま九州行きの新幹線に乗っていましたが、

広島止まりで結局その日は断念せざるを得ませんでした。

広島は雨から曇りだったので、まさかこんな大きな被害が起きているとは

誰もその時点では予測していなかったと思います。

局地的な災害では何も情報が入らず、みんないらいらしながら過ごしていました。

雨の情報がJRのどの駅員さんに聞いても分からなかったために、

判断する材料が何も無いことに少し異常を感じて早々と引き返すことにしました。

確か、神戸の震災のときも最初はみんな冗談だと思って

被害の事実をなかなか信じてもらえなかったと聞いた事があります。

異常を感じたのはそれをちょっと思い出したからでした。

これから台風のシーズンにもなりますし、注意しないといけないですね。

夏バテ対策もしっかりして、この夏を乗り切りたいところです。

皆様もお体ご自愛下さい。

posted by SAKKAO at 12:32| Comment(0) | 日記

2009年06月30日

遅れていますが・・・

星さんの作品アップまでもうしばらくお待ち下さい。

来週中にはご紹介できると思います。

それから、備前焼や郷原漆器とは全く違う話題で「音楽」を近日中にご紹介したいと思っています。

クラッシック音楽についてはほとんど無知といっていいほどなのですが、

どうしてもご紹介したいピアニストがいます。

うまくご紹介できるかどうか・・・

こちらも準備中ですので、楽しみにお待ち下さい。
posted by SAKKAO at 23:25| Comment(0) | 日記

2009年05月28日

にゅうめん

夜になるとひんやりとしますね。

ありあわせのもので何か・・・という日にそうめんはこれから必需品です。

夜はさすがにまだ寒いので、にゅうめんにしてみました。

鰹と昆布のだしでおつゆを作って鶏肉、みょうがやねぎをプラス。

郷原漆器で頂きます。

92.JPG

あっさりとして美味しいです。

あまり食欲がない日には是非どうぞ。

日本独自の乾物はいろいろ使えて便利です。

日本人の舌にも当然あっていますし、安全な気がします。

秋冬のインフルエンザ対策に備えて、そうめんを常備しておくと

買い物に行けなくても大丈夫かな?
posted by SAKKAO at 21:43| Comment(0) | 日記

2009年05月17日

初夏のお出かけ

暑くなったり、寒くなったりと気温差が激しく、紫外線も強いですが、

爽やかな季節をやはり外で楽しみたいですね。

岡山の西大寺地区では緑化フェアが24日(日)まで開催中です。

園内は花苗が多く植えてあって、色とりどりです。

80.JPG

お庭の提案などもしています。国土交通大臣賞のお庭。

81.JPG

こんなお庭も。

82.JPG

お二方とも以前から知り合いの若きガーデナー(庭師)です。

他にもツリーハウスなど面白いお庭もあります。

それから、もう1つ。熊山英国庭園。

こちらはバラがメインですが、まだツルバラは開花が先です。

83.JPG

中にはちらほらと花を咲かせているものも・・・

84.JPG

光眩しいのが分かるような写真です。

85.JPG

全体的には緑が濃い感じですが、ツルバラは蕾がいっぱいついていました。

86.JPG

吹く風はひんやりとして、ベンチに座るといい気持ちになって眠りそうです。

モーニングやランチなどもいただけるスペースもあって、

ゆったりとした時間を過ごせますよ。

87.JPG

とても素敵なんですが、しっかり紫外線対策をしてお出かけ下さい。






posted by SAKKAO at 00:54| Comment(0) | 日記

2009年04月12日

お花見

岡山県南では、もうお花見も今日あたりが最終日。

お天気も良かったので、きっと沢山の人が楽しんだことでしょう。

ちょっと前に近所の桜並木を歩いていたら、カラスたちが荒らしたのか

花のついた小枝が散らばっていました。

もったいないので持って帰り、家でゆっくりお花見をしました。

63.JPG

器は李朝なのですが、これに水を張って何日か置いていたら、

水が染み込んでシミになってしまいました。

後悔先に立たず。

くれぐれも器の取り扱いには注意しなくては、と思いました。

桜の美しさに見惚れた代償は大きかったです・・・
posted by SAKKAO at 22:11| Comment(0) | 日記

2009年03月09日

さっそくピクニック

昨日の日曜日は曇りでしたが、暖かい一日でした。

お弁当をつくって、お昼前にピクニックに出発!

行き先は備中国分寺です。

45.JPG

写真では分からないのですが、予想以上の人出でした。

梅も満開で、まさに清香とはこのこと・・・

42.JPG

そして、菜の花も満開。

44.JPG

梅の木のたもとで敷物を敷いてお弁当を食べました。

座っていてもおしりが冷たくはなく、ほんわか温かい・・・

大の字になってお昼寝している人もいました。

備中太鼓の練習の音も聞こえてきました。

これからの季節、外に出かけるのが楽しくなりますね。
posted by SAKKAO at 11:54| Comment(0) | 日記

2009年03月04日

雪・・・

昨日は県南でも雪が舞う寒い桃の節句でした。

旧暦だと4月3日、やっぱりあと一ヶ月先でないと桃は咲かないですね。

今、家で咲いている花はクリスマスローズ。

最近はいろいろな種類があって選ぶのも楽しいです。

茶花としても生けることができるようです。

花持ちがいいと思ったら、花びらのように見える部分はガクだそう。

41.JPG

なるほど、長持ちするわけです。

しかし、早いものでもう3月なんですねえ。

2009年になったばかりという気でいたんですが、やはり歳のせいでしょうか。

3月、4月はいろいろと年度変わりで忙しいですね。

そして、新しいことにチャレンジしてみようかと思う季節です。

SAKKAOのSAKは春が来るというのに、編み物!

しかもフェアアイルニットというややこしそうな技法に挑戦しようと思っています。

皆さんは何かありますか。

面白そうなことがあったら教えてください。


posted by SAKKAO at 11:42| Comment(0) | 日記

2009年02月07日

初釜でした

今日は少し遅ればせの初釜でした。

岡山市天神町の昇一楼さんで毎年お世話になっています。

店内は節分のしつらえがしてあり、目を楽しませていただきました。

いろいろ写真に収めましたので、いくつか載せておきます。
(順不同です・・・)


22.JPG

23.JPG

24.JPG

26.JPG

27.JPG

肝心のお道具、写してませんでした・・・。

お菓子も昇一楼さんのお手製で、写真の焼き葛は

中に備中小豆が入っていて美味しかったです。

お茶事はまだまだ不慣れですが、和やかなひと時を

社中の皆さんと過ごしました。

さあ、今年も精進しましょう?!
posted by SAKKAO at 22:44| Comment(0) | 日記

2009年01月31日

明日オープンします!

やっと、ネットショップをオープンすることになりました。

備前焼の今井清秀さん、木村素静さんの作品を展示しています。

どうぞご覧下さい。

お二人ともクセのない、使いやすいものをお作りになります。

今井先生は筋金入りの?ワンちゃん好きで愛車はスマート。

木村先生はまるで親のように私たちを優しく温かく見守ってくださいます。

ところで、郷原漆器ですが、

19.JPG

もう少しお待ち下さい。

写真撮りやらコメントやら、ちょっと手間取っています。

そして、オセラに郷原漆器の高月さんが載っていました。

是非、買ってお読み下さいね。

20.JPG

郷原漆器に関しては、よくここまであきらめずに続けてこられたなあというのが

正直な感想です。

でも、まだまだこれからです。

こうげいSAKKAOもやっとスタートラインに立ちましたが、

ともにこれから頑張っていけたらいいなあと思います。

皆様、よろしくお願いいたします。
posted by SAKKAO at 21:20| Comment(2) | 日記

2009年01月23日

寒いですね・・・

大寒が過ぎました。

ここのところ寒くてどんよりとしたお天気が続きます。

これからが冬本番でしょうか。

自宅の庭に古くなったみかんを適当に割って置いてみると、

15.JPG

まずはメジロのつがい?がやってきました。

そのあと、

16.JPG

これは、ヒヨというのでしょうか。

こちらもつがいでやってきました。

食糧の少ない時期、めざとく鳥たちがみかんをみつけてやってきます。

人間もこの時期はこんな色の花に元気をもらいます。

17.JPG

早く春が来ないかなあと思いつつ。

ネットショップ開店まで、もう少しお待ち下さい。
posted by SAKKAO at 20:19| Comment(0) | 日記

2009年01月09日

お煮しめの行方

14.JPG

七草がゆも終わり、お正月気分もひと段落しました。

ところで、我が家ではおせち料理にお煮しめをつくりますが、

どうしても残ってしまいます。

味がよく沁みているので、捨てるにはもったいない。

そこで、具材を小さく切って酢飯に混ぜ込み、

新たに錦糸卵や海老、さやえんどうなど彩を加えて、ちらし寿司に変身。

これだと、子供にも食べてもらえる一品になります。

お皿は木村素静さんのひだすき七寸皿。

お煮しめが生き返ります。
posted by SAKKAO at 11:05| Comment(0) | 日記

2009年01月02日

明けましておめでとうございます

元日には岡山県南では初雪を見ました。

皆様、このお正月をどのように過ごしていらっしゃいますか。

こうげいSAKKAOはネットショップを今月中にはなんとか

立ち上げるべく準備いたしておりますので、どうぞご期待下さい。

と申しましても、ネットですぐに注文、というような商品では

ないかもしれません。

ひとまずは、備前焼や郷原漆器にまつわるいろんな情報を

お伝えしていきたいと思います。

もちろん、注文いただければ幸いです。

いま少し、ショップ開店までお待ち下さい。

                  こうげいSAKKAO

posted by SAKKAO at 22:16| Comment(0) | 日記

2008年12月15日

老舗が消える日

随分とお世話になった表町のはきもの屋さん「たなか」です。

着物の時に履くぞうりや下駄はここでしか買ったことのない私。

きつい鼻緒をすぐにゆるめてくれたり、その逆もやってくれたり、

で、とても信頼しているお店です。

11.JPG

それが・・・来年の1月末をめどに閉店してしまうそうです!

もったいない!残念です・・・

今は在庫もほとんどありませんが、セール中です。

鼻緒と台を選んで自分好みに作ってもらうこともできます。

12.JPG

職人さんがいるお店がどんどんなくなってしまうのは寂しい限りです。

繁盛しているのに、高齢だという理由でお店を閉めてしまうなんて・・・

どうにか続けていただけないかと何度か伺いましたが、中途半端なことが嫌なご様子でした。

これからどうしたらいいのか、本当に困ります。

このお店に癒しを感じていらしたお客さんも多くいたようです。


13.JPG

今後はご自宅で修理などの注文を聞くそうですが、

本当に残念で、またひとつ表町から老舗が消えてゆく寂しさをしみじみ感じます。

ここのご主人は歌舞伎通です。

ただいま、京都南座は顔見せ興行。

ご主人も楽しんでこられたそうです。
posted by SAKKAO at 20:40| Comment(0) | 日記

2008年12月06日

日本伝統工芸展

10.JPG

明日までの開催となりました

今年は郷原漆器の高月さんの作品もありました。

中国支部展では岡山県知事賞を受賞されて、これからが楽しみな

作家のおひとりです。

同時に開催されていた「技と美の出会い(漆芸)」がなかなか秀逸でした。

人間国宝の作家を中心に漆芸作品の多彩さや繊細さを

真近に見ることができました。

昔の方が小さいものながら、鑑賞に堪えれる物が多いようです。

インパクトだけを狙っても、人の心を惹きつけることは難しいものです。

この伝統工芸展ではお着物の方もよく見かけます。

美術館へお着物でお出かけ、是非なさってみてはいかがでしょう。

posted by SAKKAO at 13:53| Comment(0) | 日記

2008年11月27日

松茸ごはん

9.JPG

先日紅葉狩りに行ってきた際、談山神社の参道に並ぶ出店で松茸を購入!

ホイル焼きにしたり、せっかくなので松茸ご飯も作りました。

この飯茶碗は備前、星さんの作品です。

余分な蒸気を吸ってくれるので、ご飯がべちゃべちゃしません。

松茸ご飯のだし汁は昆布だしと鶏ガラのミックスにするとコクが出るそうなので、やってみました。

おこげが最高においしかったです。

思い返してみると、出店で売っていたものには、葛、山芋(大きい)などの山の幸に混ざって

なぜかキウイ。

どの店にも置いてありました。

それから、冷えたときに最高だったのは、大鍋で茹でている串刺しのこんにゃくに柚子味噌を

ぬってもらって歩きながら食べたこと。

岡山ではないなあ、あればいいのになあと思いました。

あまり好きではない奈良漬もなぜか美味しく感じました(試食)。

ちなみに奈良漬は、当たり前ですが奈良のものを買って(粗悪な海外ものもあるらしい)、

糠はあらわず細かく切って食べると美味しいです。

食べ物の話になると長くなってしまいます・・・

ただ、うどんはまずいです。ぷちぷちとコシありません。

京都もそうですが、このまずさをかたくなに守っているようで、老人が多いから?かもしれません。

でも、妙に懐かしいうどんなので、つい食べてしまいました。

まだ、食べ物のこと、いろいろ書きたいのですが、ひとまずはここまで。
posted by SAKKAO at 09:56| Comment(0) | 日記

2008年11月23日

紅葉狩りシーズン

この三連休、お出かけの方も多かったでしょう。

明日はお天気、悪くなるみたいですね。

奈良、湖東三山(琵琶湖の東側)に紅葉を求めて行って来ました。

6.JPG

まずは、談山神社。十三重の塔で有名な神社です。

大化の改新について密かに談議、藤原氏が蘇我氏を討つこととなりました。

藤原鎌足の墓もあります。

7.JPG

滋賀県に移って、永源寺。禅寺です。

紅葉の色のグラデーションがきれいでした。

8.JPG

そして、西明寺。信長に焼き討ちされたお寺のひとつです。

紅葉もさることながら、人の多さにはびっくりです。

車の渋滞もなかなかのものでした。

賑やかだからこそ、人もまた集まるのでしょう。

あまり人出の多いところに行かない私ですが、人がいない紅葉の山はちょっと怖いかな。

みなさんはどちらにお出かけになりましたか?










posted by SAKKAO at 20:13| Comment(0) | 日記