2016年03月16日

インスタグラムを始めました。

この春からは、手紡木綿着尺へ向けて、和綿を栽培することにしました。
画像をインスタグラムにてアップしていく予定です。
他にもいろいろ、心に「!」と引っかかったことや素敵なモノやコトとの出会いを
なるべくリアルタイムにアップできたらいいなと思っています。
ブログではどうしてもタイムラグが出てしまい、更新できないことも多々あり・・・
是非、こうげいSAKKAOのインスタグラムをご覧いただければと思います。
こうげいSAKKAOインスタグラム
posted by SAKKAO at 23:21| 日記

2016年01月01日

あけましておめでとうございます

長らくの間、ブログをご無沙汰してしまいました。

昨年もネットショップ、またブログをご覧くださいまして、本当にありがとうございました。

大きな方向転換となった昨年は、糸を紡いで織るという新しい世界への挑戦の年でした。

IMG_0760.JPG

自分で紡いだ糸で着尺を織るという、ちょっと前までは想像もしていなかった経験でした。

織る作業までにいきつくのになんと時間のかかったことか・・・

ある程度は備前焼や郷原漆器などを通して、ものづくりの大変さは知っていたつもりでしたが、

実際に自分でやってみてこれほどまでとは!

ほとんど何もわかっていなかった自分に恥ずかしさを覚えました。

ただ、織る作業は楽しく、目の前に織りあがっていく「布」にはただただ感動。

IMG_0490.JPG

今年は綿を栽培し、収穫し、糸を紡いでいきます。

「器」の仕事ももちろん忘れず、力を入れていこうと思っております。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by SAKKAO at 22:23| 日記

2015年01月01日

明けましておめでとうございます

昨年は私事で忙しくしており、なかなか活動できず、またブログも更新できず、
大変ご無沙汰をしてしまいました。

この冬は大変寒さが厳しく、皆様無事に新しい年をお迎えでしょうか。

実は今年3月まで染織の勉強をしております私、いろいろとものづくりに対する姿勢を教わりました。
物にあふれかえっている世の中で、素材作りからこだわって忍耐強く物をつくることは容易ではありませんでした。
でも、そこから受ける恵みのようなもの、たとえば自然や先人の知恵といったものに改めて感謝しています。
簡単に一言では伝えられませんが、元を辿ってみるとういのは興味深いことですね。

今年はどんな年になるのか、自然に寄り添った生活をより強く感じながら過ごすことにはなりそうです。
ブログも頑張らねば!と思っております。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
posted by SAKKAO at 22:48| 日記

2014年04月10日

4月桜のシーズンです

長らく更新をサボっておりました。

季節はもうすっかり春。こちら岡山は春爛漫です。

いろいろな桜を今年は堪能しましたが、その中でも落合の醍醐桜はなかなか見に行くことができなかった桜でした。

このたび、一大決心をして、夕景のお花見をしてきました。

かなり山の中の道を上っていくので、車で行くにしても覚悟がいります。

地元の方にとってはこの醍醐桜、たぶん誇らしい気持ちにさせてくれる特別な桜のようです。

1.jpg

ここで、ピアニストのルース スレンチェンスカ先生が奉納コンサートを開いたかと思うと、まさに奇跡だと思います。

樹形と対照的に小さな花びらがなんとも儚げで、存在感がある不思議な桜です。

2.jpg

今週末が人出もピークと思いますが、渋滞覚悟で見る価値はあると思います。

夜のライトアップもしていますので、夜道の運転に気を付けて見に行くのもいいですよ。
posted by SAKKAO at 12:18| 日記

2014年01月02日

明けましておめでとうございます

1.jpg

2014年が始まりました!

お正月をいかがお過ごしでしょうか。

岡山県南は穏やかな元旦を迎えましたが、雪国はこれからしばらくは大変なことと思います。

同じ日本といえどもさまざまな地域があります。

今年も備前焼や郷原漆器をはじめ、岡山の魅力をお伝えできるよう頑張りたいと思っております。

画像の床の間の掛け軸は、松平不昧公によるもの。茶人である方がお貸しくださいました。

昨年の松江での展示会で飾りたかったのですが、しっかりとした書付がないとデパートでは飾れないとのことでした。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。幸多き年となることを祈っております。
posted by SAKKAO at 22:41| 日記

2013年10月28日

久々のお茶会のお手伝いに・・・

昨日の日曜日はお茶会のお手伝いに行ってまいりました。

流派の全国大会が岡山であり、後楽園内でも濃茶、薄茶、点心、野点と茶席を設けておりました。

よいお天気に恵まれ、多くの観光客、それから婚礼衣装に身を包んだお嫁さんの写真どりなど、にぎわっていました。

普段、着物を着るときは紬が好きなのですが、ひさびさにきちんとした着物を着つけました。

若い頃につくってもらった藤井 寛さんの無地。

1.jpg

皇室御用達の品格を感じる一枚です。でも悲しいかな、若いころは全く興味ありませんでした。

丹波布を京都で見て以来、着物に興味が出てきても紬にばかり目がいってしまい、なかなか染めの着物に手は出ませんでした。

お茶会でも、他の染めの着物は着てもこの無地はずっとしまいっぱなし。無地の着物にはなかなか面白みを感じることがなかったからだと思います。

このたび、年のせいか久々に無地を着ようかなと底のほうから引っ張り出し、しわのばしをしてもらったり、長襦袢の半襟を付け替えてもらったり、準備いたしました。

帯は唐織。

2.jpg

オーソドックスな組み合わせですが、下手に奇をてらうより正統派がいちばんいいのかもしれません。

ちょっとピンクベージュが可愛すぎますが・・・。


ところで、近日中に星さんのおゆのみを4点ほどアップしようと思っております。

楽しみになさってください。
posted by SAKKAO at 12:09| 日記

2013年10月21日

倉敷、そして瀬戸内海

この夏以降、突然の大雨、次々やってくる台風、ずっと天気予報を気にする生活ですね。

大きな災害がこれ以上ないように願いたいものです。

週末は用事があり、倉敷、そして今日は寄島(よりしま)方面へ行ってきました。

倉敷はあまりお天気がよくなかったのですが、屏風祭りなどいろいろイベントもあり大勢の観光客でした。

美観地区の風情は岡山市内にはないので、いつもうらやましく思います。

絵になるスポットが多い町です。

1.jpg

005.JPG

古い町並みとは対照的に岡山県西部の笠岡、寄島あたりの風景はのどかでこちらも捨てがたい。

009.JPG

012.JPG

もう10月ですが、ちょっとひと泳ぎしたくなるような海でした。

波の音がしずかで心地よい、気分転換にはもってこいの瀬戸内海の風景です。

posted by SAKKAO at 23:50| 日記

2013年09月24日

秋の瀬戸内海

まだ暑いとはいえ、もうすっかり秋の空気です。

あの暑かった夏、あまりの暑さで何もできなかったという思いがありますが、

これからのシーズンはレジャーには最高でしょう。

先日、ヨットのお誘いを受け、牛窓港から小豆島へ行ってまいりました。

天気はよかったのですが、風はほとんどなく帆を張ってもあまり前には進みませんでした。

とはいえ、瀬戸内の穏やかな海面を見ながらのセーリングは気持ちのよいいとときとなりました。

1.jpg

牛窓のヨットハーバーを出発したのは9時ごろでした。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

牛窓に戻ってきたのは18時ごろだったでしょうか。

6.jpg

小豆島での写真をまったく撮っていませんが、瀬戸内国際芸術祭で今は島中が盛り上がっています。

秋会期は10/5からですが、ベストシーズンですので、ホテルなどは早めの予約が必要とのことでした。

今回、小豆島の土庄港にヨットを停泊させましたが、小豆島は島自体が大きいので、他にも港があります。

フェリーも多く行き来していますので、便利もよく、滞在してのんびり島で休日を過ごすのもいいと思います。

おだやかな瀬戸内海の魅力を是非、多くの方に味わっていただければいいですね。



posted by SAKKAO at 10:53| 日記

2013年09月04日

やっと雨があがりました

1.jpg

ずっと降り続いた雨。岡山市内も警報が出ていました。

夕方にはなんとか雨があがり、夕焼け空を久々に見ることができました。

とはいえ、被害の出ているところも多く、まだこれからが心配される地域もあります。

ここのところ気温が急激に下がって体調管理にも気を使いますね。

めまぐるしく変わる天候のスピードになかなかついていけません。
posted by SAKKAO at 21:22| 日記

2013年08月26日

うろこ雲

1.jpg

週末の大雨には驚きましたが、気温が一気に下がり、今日は爽やかな一日となりました。

空を見上げると、今までの入道雲とは打って変わって、一面のうろこ雲でした。

あまりの変化についていけません。

今までの猛暑はなんだったんでしょう。

とはいえ、また暑くなることと思います。

それにしてもひさびさに気持ちの良い一日でした。



posted by SAKKAO at 21:31| 日記

2013年08月15日

猛暑お見舞い申し上げます

1.jpg

連日の猛暑でいかがお過ごしでしょうか。

クーラーなしではもう命の危険を感じてしまうほどです。

庭で元気に咲いているのはタカサゴフヨウ。小ぶりで優しい感じの花ですが、生育旺盛です。

あまり水やりしなくても平気なところ、雑草に近いのではないかと思います。

この生命力は大したものです。

ところで、こうげいSAKKAOの夏休みは8月16日から20日までです。

SKストールも同じくですが、ホームページ上でいろいろ新作も出ておりますので、またご覧ください。
posted by SAKKAO at 10:55| 日記

2013年08月03日

夏のおもてなし

とうとう8月。夏本番です。

この時期に来客があると、何をお出ししようかなあと考えます。

ちょっと考えてみたのは、夏野菜のミニトマト、そして冷たいほうじ茶。

1.jpg

旬のミニトマトは姿もかわいらしくて、野菜というよりも今はフルーツのように甘いものもたくさん出回るようになりました。

それに、トマトの効能は疲労回復、美肌効果、成人病予防いろいろあって、食べなきゃ損です。

それから、ほうじ茶はちょっと前にNHKの番組で見た「家庭でつくるほうじ茶」。

ポットに入れて冷やしておくと最高においしいです。お茶をフライパンで煎るときの香りもたまりませんよ。→http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20130619.html

もちろん、自分用にセッティングして、しばしリラックスするのもいいですね。

ポットと小さな盃は末廣さん、小皿は星さんの作品です。


話は変わって、最近はゲリラ豪雨で油断できませんが、夏の山もやはり危険です。

先月の蒜山では私どもも怖い思いをしました。

特に予報もなく、ゲリラ豪雨が長時間になると気が付けばそばまで水が迫っています。

2.jpg

お昼前に外出しようと思って外を見たら、高台でももうこのありさまでした。

車での移動はあきらめ、当然この日は家の中にこもっているだけでした。

雨が止んで夜になり、少し水が引いたところで外出し、やっといろいろな被害を聞きました。

夏休みでいろいろお出かけの方も多いと思いますが、なるべく高台で水はけのよい所にお泊りください。
posted by SAKKAO at 10:48| 日記

2013年06月22日

梅雨

松江での展示会で掛け花にしていた大山蓮華は一日花です。

茶花として珍重されますが、本当に短い時間で白い花びらが茶色に変色してしまいます。

デパートでは特に乾燥も激しいので、あっという間に花が終わってしまいました。

その後、またいただいた大山蓮華。

0.jpg

大雨で外出も控えたので、ゆっくり眺めることができました。

そして、これもまたいただきものの青梅で作った梅の甘露煮。

蜜をお湯割り、水割りにしてジュースとして楽しめます。

漆器のボウルでいただきました。

1.jpg

気温もずいぶんと下がったので、ホット梅ジュースで温まりました。

お昼は備前のお皿にクロワッサン、漆器にはインスタントのスープ。

かなり手抜きですが、うつわだけはこだわって・・・

2.jpg

漆器のボウルは熱いものをいれても熱伝導率が低いので、しっかり手のひらでホールドできます。

冷たいものも外に水滴がつくことなくポタポタと水が落ちる心配もなし。快適ですよ。

近日中にはSAKKAOボウルをネット販売できるよう、準備していく予定です。
posted by SAKKAO at 21:15| 日記

2013年06月13日

松江展示会が終了しました

多くの方にご来場いただき、まことに有難うございました。


展示会の様子を写真でざっとご紹介いたします。

0.jpg

1.jpg

2.jpg

3.jpg

備前焼、SAKKAOオリジナルの郷原漆器、SKストールと盛りだくさんの展示となりました。

松江の方にはどれも初めてご覧になるものばかりだったと思います。

お客様と接して、松江はおだやかで人情の厚い町、という印象を強く受けました。差し入れもいただき、恐縮しました。

期間中は梅雨にもかかわらず、お天気に恵まれ、仕事が終わって歩いてホテルに帰る途中の夕焼けの美しかったこと!

4.jpg

いろいろな方と出会うことができて本当によかったなあと思っております。

皆さま、ありがとうございました。
posted by SAKKAO at 11:42| Comment(0) | 日記

2013年06月04日

所蔵品一覧について

展示会期間中、所蔵品一覧(ネットショップ)へはアクセスできません。

また、電話・FAXでのご連絡もできませんので、お問合せフォームにてご連絡ください。

申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
posted by SAKKAO at 22:42| Comment(0) | 日記

2013年06月03日

吉備津神社に行ってきました。

昨日、展示会の無事と成功を願い、吉備津神社に詣でてまいりました。

初詣に始まり、何かの時にはおすがりする神社です。

そのあとは茶店にて一服。


1.jpg

さあ、あさってより松江に行ってまいります!

展示会の様子はしっかり写真に収めようと思っています。

ブログの更新は展示会中は難しいかもしれませんが、報告をまたさせていただきます。
posted by SAKKAO at 21:43| Comment(0) | 日記

2013年05月31日

フォトジェニック!

今日で5月が終わりです。

なんと、来週はもう松江での展示会です。

そんな差し迫った状態ですが、長年放置してあった多肉植物に花がついていたので、いろいろ遊んでみました。

郷原漆器ノワールに。

1.jpg

星さんの壺にも。

2.jpg

なんとも楽しい姿。多肉植物は手間いらずで面白い形が多くて、嵌ります。

さて、現在、展示会のディスプレイに頭を悩ませています。

3.jpg

どうやったら雰囲気ある空間になるのか・・・

とはいえ、作品やプライスカードなどが見やすくないといけないので、見やすさ重視で・・・

ぎりぎりまで悩み続けそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「5つの壺と、オブジェ展」
会期:2013年6月6日(木)〜6月11日(火)10:00〜19:00
   ※最終日は17時閉場
会場:一畑百貨店松江店 5階工芸サロン 直通電話0852-55-2523
   〒690-8555 島根県松江市朝日町661
posted by SAKKAO at 23:00| Comment(0) | 日記

2013年05月23日

梱包しています

最終的な商品リスト作りも終わり、本格的に梱包準備です。

割れ物が多いので、かなり厳重にプチプチなどで作品を包み、箱詰めします。

この作業がかなり大変で、頭も使い、体力も使います。

一点一点に思い入れがあるため、確実な梱包を心がけています。

この作業が終わると、かなりさっぱりすると思います。

1.jpg

2.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「5つの壺と、オブジェ展」
会期:2013年6月6日(木)〜6月11日(火)10:00〜19:00
   ※最終日は17時閉場
会場:一畑百貨店松江店 5階工芸サロン 直通電話0852-55-2523
   〒690-8555 島根県松江市朝日町661
posted by SAKKAO at 22:37| Comment(0) | 日記

2013年05月19日

本日、日本丸の一般公開

瀬戸内海は今、国際芸術祭でにわかに脚光を浴びています。

地元に住んでいるとあまり意識しませんが、穏やかな海と多島美が世界から注目されているようです。

岡山市内から車で40分から1時間足らずで瀬戸内海に出ます。ドライブには最適です。

1.jpg


今日は宇野港で「たまの港フェスティバル」があり、入港している帆船「日本丸」が一般公開されるとのことで出かけてみました。

近くで生まれ育ったにもかかわらず、こういうイベントに行くのは初めてでした。

昨日とは違ってお天気はよくなかったですが、日焼けを気にせずにじっくり見ることができました。



2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

お天気がよくなかったせいなのか、地元岡山ではそれほど興味もないのか、待ち時間はそれほどなく見たいだけ見させてもらえました。

帆船はロープの数がとても多くて、きちんと決まったところできれいに結び付けてありました。

6.jpg

定期航路のフェリーも乗り入れています。直島や豊島、小豆島行きのフェリー。

宇野港はJR(国鉄)が乗り入れている関係で、瀬戸大橋ができるまでは本州(岡山)と四国(高松)をつなぐ要だったので大変にぎわっていましたが、今はすっかり鄙びています。

寂しいですが、時代の流れです。


7.jpg

瀬戸内海はその名のとおり、内海です。穏やかな海なので、昔からヨットやボートを所有して週末を楽しむ人も多くいます。

そんな人たちが地元や京阪神だけでなく、世界から集まってくる芸術祭になれば風景がまた変わってくると思います。

ひと夏を瀬戸内海の島めぐりに費やすという楽しい過ごし方をしてみたいものです。




posted by SAKKAO at 21:19| Comment(0) | 日記

2013年05月15日

漢の明器(めいき)

今日は久々に骨董の話題です。

写真の婦人像(傭)と花器は中国・漢の時代のもの。

漢も前漢か後漢かまではよく分かりませんが、ざっと2000年前くらいでしょうか。

「明器(めいき)」と呼ばれる、いわば埋葬品がのちに発掘されたものなので、

玉でもないかぎりは、中国では(ほかの国でも?)ほとんど価値がなさそうな骨董です。

ただ、花器としてつかっている小さな壺はもともと緑釉でしたが、

土中にいる間に銀化して、汚いながらキラキラと光って魅惑的です。

作った人はまさかこんなに長く形をとどめて、しかも発掘されて2000年後にどこかの家で花入れとして使われるなんて想像もしなかったと思います。

なんともロマンティックな世界です。

活けた花はヤマブキソウ。

3.jpg
posted by SAKKAO at 21:46| Comment(0) | 日記