2013年10月15日

蒜山のモッツァレラ

また台風が近づいていますが、この3連休はお天気に恵まれて蒜山にもたくさんの人が来られていました。

急に冷え込んだようで、昼間は16℃ほど、明け方は5℃くらいの寒さでした。

一日のなかでの寒暖の差が大きいので、朝は霧が立ち込めています。

霧.jpg

蒜山の秋の風景はススキの原っぱやコスモス畑。

今年はなぜかいつもよりススキを刈っていて、ちょっと残念でした。

ススキ.jpg


コスモス.jpg


この連休は登山する人はもちろん、ウォーキングのイベントの参加者も多く見られました。

キャンプやサイクリング、ツーリング、あと乗馬なんかも人気です。

アウトドアにはもってこいの季節ですね。

そして、道の駅ではトウモロコシやトマト、きゅうりなどの夏野菜から大根、イモ類へとシフト。

ここも多くの人でにぎわっています。

キノコも多く採れるので、これからがまた楽しみです。

また、なんといっても蒜山はジャージー牛の飼育で有名なところ。濃厚な牛乳やヨーグルトなどもとても有名です。

昨日、NHKでも岡山県内のチーズ生産者の方の特集がありましたが、蒜山も個人でチーズを作っている方がいます。

食いしん坊なので、蒜山に行くとほぼ毎回そこでチーズを買いますが、今回はたまたまモッツァレラが今できたてだということで、2個も買ってしまいました。

さっそく1個はその夜いただきました。

チーズ.jpg

蒜山づくしの食卓で、フルーツトマト、バジル、日本酒。日本酒以外はどれも今日とれたて。これらとモッツァレラを合わせてパクパクといただきました。

できたてのモッツァレラは弾力とジューシーさ、ちょっと塩分があり、フルーツトマトの甘味と合ってドレッシングは必要ありません。日本酒(清酒)とも合うので、食卓はだんだんと居酒屋状態に・・・

本当は2個目も食べたかったのですが、さすがに満腹で、今夜食べたほうが美味しいと思う気持ちと胃の状態を天秤にかけて、悩みに悩み次の日に持ち越すことにしました。

まるで古代ローマ人のようです。

そして、岡山に帰ってから落ち着いて2個目をいただきました。

チーズ2.jpg

合わせたトマトはまた別の種類のミニトマト、それからアイスプラント。蒜山、いろんなものを作っています。ちなみにお皿は末廣さん。

やはり前日のほうが美味しかったのですが、それでも十分堪能できました。でも、やっぱりできたてその日のうちに食べたほうがベストです。地元ならではの口福なひとときでした。

おいしいチーズを作るとなると、牛にとって環境の良い牛舎や飼料などまずおいしい牛乳をつくる工夫からチーズを作る施設など金銭面での負担や労働がどうしてもかかりますが、それ以上にチーズ作りに情熱がないととてもできません。

チーズ小屋の前には畑とジャージー牛の牛舎が見えます。

その風景を見ていると、一貫して個人でされている場合、とても大量生産はできないし、他人事ながら休む暇があるのかなとも思いますが、ご本人は好きで楽しんでやっているからどんどん勉強の幅も広がっていくそうです。

ものづくりに共通していることと思いますが、こういう目に見える形でじかに作り手から商品を手にすると安心感と幸福感を感じます。

ただ残念なのは、日本ではまだチーズは本当には市民権を得てはいないので、地元の人が口にしないことです。B級グルメの舌しかないのはやはり恥です。田舎の山菜料理もとても美味しいのです。手間がかかりますが・・・

もちろんこれは自分に対して考えていることですが、食材の宝庫でも料理ができないとなると、生活すべての面でレベルが低いような気がします。せっかく美味しいものがあるなら、新鮮なうちにみんなでわいわいと料理していただきたいものです。

なにも東京のレストランのようなソースにこだわったり、盛り付けに凝ったものでなくてもいいのですが、何かできないのかなあ、誰か作ってくれないものかなあとチーズを前に考えます。

それほど美味しかったわけです。

モッツァレラ以外にもいろいろとハード系のチーズを買いました。とりあえずはワインを調達してきます。

今日は長いお話になってしまいましたね。お付き合いありがとうございました。



追記

蒜山でチーズを買うのにいつも1時間ほどおしゃべりして仕事の邪魔をしています。(すみません)

今回は「何が一番儲かるのか?」について話して、「新興宗教の教祖」に決定しました。

ビジュアル的に厳しいなと思いましたが、当然それは口に出さず(すみません)、考えていることは大体みんな一緒だなということで落ち着きました。

ご本人は「諭吉は好きだぜ!」とうそぶいてらっしゃいました。

気が付いたら、外はもう夕陽が・・・


1.jpg

急いで帰りました。

posted by SAKKAO at 11:37| 蒜山

2013年09月17日

台風の蒜山

1.jpg

このたびの台風も大きな被害を出すこととなりました。

岡山県北の蒜山は大変風が強く、シャッターを閉めて夜を過ごしました。

月曜日の朝はまだ風が残っていましたが、外に出ると木の枝がちぎれるように散乱していました。

一気に気温が下がり、そろそろ秋の気配がしています。

2.jpg

ススキが目につくようになりました。野菊も咲いています。

ツユクサもまだたくさん咲いていました。そして、キンミズヒキの黄色い花もよく見かけました。

3.jpg

7月の豪雨以来、蛇口から出る水がずっと濁ったまま。井戸からの簡易水道のため、何かあると洗い物すらできません。

今は、近くにある「塩釜の冷泉」まで毎日水汲みに出かけます。

水の恐ろしさと大切さを実感する夏となりました。
posted by SAKKAO at 18:43| 蒜山

2013年05月08日

5月の蒜山

GWも終わり、激しい混雑はなくなりましたが、蒜山は平日も人気あるスポットです。

このところいいお天気に恵まれて本当に清々しい風景です。

1.jpg

この青空。紫外線は大変強いですが、でもやっぱり高原は気持ちいいですね。

鳥のさえずり、このときはヒバリがにぎやかにさえずっていました。まさに、美空ひばり・・・

ただ日が陰ると、とたんに寒くなります。

大山からの風は冷たくてまだまだ油断大敵です。

桜は例年今もきれいに咲いているところですが、さすがに散り終わり気味。

八重桜ははなやかに咲いていました。

山桜のはかない花が名残の美しい姿を見せてくれていました。

2.jpg
posted by SAKKAO at 19:07| Comment(0) | 蒜山

2012年10月11日

秋の蒜山、大山

岡山県北の蒜山は夜になるとかなり冷え込むようになりました。

今年の紅葉はどうなるでしょうか。

コスモスがまだ美しく咲いているところもありましたが、もうすぐ終わりです。

022-1.jpg

そして、大山。

032-1.jpg

鳥取県の植田正治写真美術館から見た大山です。田園の中に立つ美術館。

これから深まる秋を満喫するベストシーズンの到来です。

posted by SAKKAO at 22:15| Comment(0) | 蒜山

2012年07月20日

蒜山にて

梅雨明けしたとたんに、夏まっさかりといった感じです。

先日、蒜山に行ってまいりました。高原の風に吹かれながら、グラスワイン。

ワインは地元の山葡萄を材料に作られています。添えてあるチーズも地元ジャージー牛乳が原料。

1.jpg

最近、チーズ作りをして食べさせてくれるようなお店もできています。ジャージー牛だけでなく、ヤギやヒツジも放牧、なんていうワイルドなお店です。

肝心のお店の写真は1枚もなく、原料を生み出すヤギの写真のみ。散歩中です。ちなみに、まだ子ヤギなので、お乳はでません。食欲旺盛な子ヤギでした。

2.jpg

顔は似てますが、性格はバラバラ。

3.jpg

リコッタチーズというのをデザートでいただきました。はちみつをかけて食べるスタイルでしたが、チーズとよく合いました。新鮮なチーズなので、シンプルな食べ方がいいのかもしれません。

肝心のお店や料理の写真を全くとっていなくて残念ですが、雑誌でも紹介されているみたいですので、探してみてください。

そして、もちろん、仕事もしてきました。郷原漆器のカフェオレボウルは、インパクトのあるバラの絵模様が入っています。

アンティーク調の地味派手なボウル。試行錯誤していますが、来年あたりから販売する予定です。

4.jpg

7月22日(日)は、「ほぼ月一ギャラリー」です。

蒜山や郷原漆器の話などしながら、ぜひカフェオレボウルも見てやってください。

お待ちしています。
posted by SAKKAO at 22:31| Comment(0) | 蒜山

2011年09月18日

蒜山

蒜山は、雨が降ったり止んだりです。
気温は、23度位ですが、夜はもう少し下がります。

画像をのちほどアップします。

夜は、とにかく静かで、することがない…ということが実感できる時間です。
だから、早寝になります。
早起きになります。

当たり前ですが、こちらの人の普通の生活。
日中は、自然が相手。
食欲も沸きます。

要らない物が、すっと、落ちるような。。。
そんな気持ちになる時間です。

posted by SAKKAO at 21:58| Comment(0) | 蒜山

2010年05月28日

蒜山の食

今日は蒜山の食を少しご紹介します。

蒜山といえば「蒜山焼きソバ」? いえいえ、ちょうど今の時期は山菜です。

昔からの名物は「蒜山おこわ」。これは蒜山インターをおりてすぐの「風の家」で売っています。ただ、午前中に行かないと売り切れです。

226.JPG

もち米も美味しく、山菜がふんだんに入っています。

とても贅沢な逸品。もしまだ食べたことのない方がいらっしゃったら、蒜山に行ったときは是非味わってください。

227.JPG

それから、キムチ。蒜山には韓国料理のお店がありますが、このキムチはうどやニラ、きゅうりといった地元の野菜を使っていてとても美味しいです。

いろいろ食べ比べてみてください。

そして、蕗。

228.JPG

これは自宅へ持ち帰って料理したもの。もっと刻んでご飯に混ぜ込んでも美味しい。

229.JPG

最後に、蕨(わらび)。もう山菜尽くしです!

旬のものなので、時期を逃すと食べれませんが、山のパワーをいただいているなあと感じます。酒の肴にも最高!大人になると、こういう味がたまりません。

蒜山のA級グルメでした。
posted by SAKKAO at 18:51| Comment(0) | 蒜山

2008年11月06日

蒜山の秋

こうげいSAKKAOのブログを始めることにしました。

まだ使い方に慣れていませんが、少しずつやっていこうと思っています。

とりあえず、蒜山の秋の風景を載せてます。

先月下旬ですが、ススキの原っぱがとても印象的でした。

この日はまだ過ごしやすかったのですが、もう寒いでしょうね。

1

郷原漆器の打ち合わせに行ったので、本当はそんな写真をアップしたかったのですが、話が盛り上がり、全然撮れませんでした。
今度はちゃんと撮ってこよう・・・

話の内容はなんとオリジナルなものを作ろう、という大胆な内容。

詳しくはまだ・・・

蒜山の紅葉は今が見頃のようです。
posted by SAKKAO at 22:31| 蒜山