2013年10月28日

久々のお茶会のお手伝いに・・・

昨日の日曜日はお茶会のお手伝いに行ってまいりました。

流派の全国大会が岡山であり、後楽園内でも濃茶、薄茶、点心、野点と茶席を設けておりました。

よいお天気に恵まれ、多くの観光客、それから婚礼衣装に身を包んだお嫁さんの写真どりなど、にぎわっていました。

普段、着物を着るときは紬が好きなのですが、ひさびさにきちんとした着物を着つけました。

若い頃につくってもらった藤井 寛さんの無地。

1.jpg

皇室御用達の品格を感じる一枚です。でも悲しいかな、若いころは全く興味ありませんでした。

丹波布を京都で見て以来、着物に興味が出てきても紬にばかり目がいってしまい、なかなか染めの着物に手は出ませんでした。

お茶会でも、他の染めの着物は着てもこの無地はずっとしまいっぱなし。無地の着物にはなかなか面白みを感じることがなかったからだと思います。

このたび、年のせいか久々に無地を着ようかなと底のほうから引っ張り出し、しわのばしをしてもらったり、長襦袢の半襟を付け替えてもらったり、準備いたしました。

帯は唐織。

2.jpg

オーソドックスな組み合わせですが、下手に奇をてらうより正統派がいちばんいいのかもしれません。

ちょっとピンクベージュが可愛すぎますが・・・。


ところで、近日中に星さんのおゆのみを4点ほどアップしようと思っております。

楽しみになさってください。
posted by SAKKAO at 12:09| 日記