2011年11月21日

大切に扱う食器

末廣学 飯椀
最近、やっと子供にも備前焼の飯碗を使わせる様になりました。
末廣先生のお椀ですが、深さはあまり無く、少し大きめ。
子供には、食べやすいようです。

そして、汁椀も備前焼。

子供には、勿体無いと思われるかも知れませんが、
子供の成長と共に、器も変化していくなんて、素敵です。

これから、何十年でも使える「器」です。
大切に扱う事を教えないといけません。

親から子供に、引き継ぐ物…。また次の世代に…。
posted by SAKKAO at 10:07| Comment(0) | 末廣 学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: