2011年08月30日

季節感

備前焼…のイメージは、冬でしょうか?
これは、展示会でお客様から、「夏は暑苦しいかも…」と
幾度か聞いた声から、そう思いました。

備前焼にも、季節感があると思います。

夏は、緋襷。
白地にスッキリとした藁の模様が涼しげです。
緋襷は、分量が多すぎても、少なすぎても、シックリきません。
難しいデザインだと思います。

これからの季節は、まだ残暑が厳しいですが、
「牡丹餅」も好まれます。
お月見のころのまん丸いお月様みたいで、綺麗です。

掛け花でしたら、夕陽にみえるような模様を選んだり…。

使い手が、季節感を愉しんで、備前焼と向き合っていきたいです。

posted by SAKKAO at 07:24| Comment(0) | 備前焼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: